Treatment ダーマペン4

ダーマペンは極細の針を真皮層まで通し、創傷治癒力を利用して肌の再生を図る治療法です。当クリニックでは最新のダーマペン4を導入しております。先端に16本の超極細針がついている最新のもので、従来のダーマペンと比べて針の振動(針の抜き差し)が進化し、肌に垂直に針を刺すときのブレもなくなりました。針の出し入れのスピードが増すことにより、患者さんが感じる痛みも軽減でき、狙い通りの皮膚の深さに確実に針を刺すことが可能となりました。
ダーマペンを使用することで、お肌が本来もつ「お肌の傷を治そうとする力(創傷治癒力)」を呼び起こすことができ、お肌全体の若返りが期待できます。
傷が治った肌は、元の肌よりも若く新しい組織で作られていきます。

こんなお悩みに

  • 毛穴の開き
  • 小じわ
  • 肌のキメ
  • ハリのある肌
  • ニキビ・ニキビ跡

施術の詳細

ダーマペンの仕組み

ダーマペンを使ってお肌に小さな穴を開けると、お肌は傷を治す力(創傷治癒力)を働かせて、元のお肌の状態に戻そうとします。その際、お肌の中の真皮層では、お肌を美しく保つために必要な、コラーゲンやエラスチンを新しく作り出します。これにより、ハリのあるお肌、ぷるぷるとしたお肌へと若返る効果が期待できますので、シワやタルミへの効果も期待できるのです。 また、ダーマペンと下記の治療を併用することでより美しい肌へと導いていきます。
◎ダーマペン×ミラノリピール(TCAトリクロロ酢酸)
◎ダーマペン×PCL
◎ダーマペン×PRP治療
患者さまの中には、一回の治施術で効果を実感しご満足される方も多いのですが、ダーマペンは、繰り返し治療を行うとより効果的です。個人差はありますが、1ヶ月後を目安に治療を受けると、効果が長く続きます。

ダーマローラーとダーマペンの違い

ダーマペン4は、ダーマローラーのようにローラータイプと異なり、ペンタイプのためお肌に対して垂直に針が入ります。
そのためお肌への損傷が少なく、痛みや出血も軽減されます。ペンタイプのため、ダーマローラーでは治療が難しかった目の周囲などの狭い範囲や、鼻やフェイスラインなど湾曲した部位の治療も可能です。
速度も細かく調節できるため、狙ったポイントへスピーディーに穴を開けることができ、治療効果の高い施術として人気です。
また、肌に挿入する際に針の深さを0.25~2.5mmで調節することで、治療を区別します。毛穴を治療する場合は浅く挿入、にきび跡を治療する場合はより針を深く挿入します。

施術の流れ

  • 問診表記入

    受付終了後、個室にて問診表への記入をお願いいたします。 お肌の症状やお悩みについて具体的にお申し出ください。

  • カウンセリング

    問診表を元に医療カウンセラーとカウンセリングを行います。患者様のご希望やご予算、ご予定に合わせた治療プランをご提案いたします。

  • 診察

    医師による診察を行います。お肌や体の状態を把握し、詳しい説明と治療方針についてお伝えいたします。

  • 料金確認

    カウンセラーから料金体系についてご説明し、料金の確認を行います。

  • 洗顔

    個室パウダールームにて洗顔していただきます。

  • 施術

    細かな穴を開け創傷治癒を目的としながらカクテルの浸透をさせます。麻酔クリーム→デザイン→ダーマペン治療(肌に適した設定でおこないます)

  • ダウンタイム

    施術直後は赤みが出ます。翌日には落ち着きますが治療方法により異なります。

アフターケア

  • 施術後の洗顔は当日から可能ですが、メイクは翌日からとなります。治療後すぐは薬の塗布はお控えください。
  • 患者さまの状況によってどれくらいのサイクルで施術するかを決めていきます。目安としては、3~4週間あけて計5回ぐらいの施術が望ましいです。
  • 術後当日の洗顔は可能ですが、施術部位を強く洗うのはお控えください。当日のスキンケアも、刺激がすくないものを軽く塗る程度としてください。
  • 施術後の日焼けには十分ご注意ください。
  • ケロイド・皮膚炎がある方、重症の糖尿病・膠原病の方、金属アレルギーの方は施術をお控えください。