Treatment 高濃度皮膚再生PRP

自分の血液を使うのでアレルギーの心配もなく、長期(1年~1年半)に渡る持続効果が期待できる治療法です。成長因子を添加したものは3~5年にわたる持続効果が期待できます。また、当院の成長因子プラスは6ヶ月後に医師・患者様の診断により効果が実感できない場合は6ヶ月後に無料で修正をいたします。

こんなお悩みに

  • 目元周りのしわやくまが目立って老けて見えてしまう
  • ほうれい線や口元のしわが気になる
  • 手の甲のしわが増えて年齢より上に見られてしまう
  • 抜け毛が増えて薄毛を指摘されるようになった
  • 肌トラブルを改善して美肌になりたい
  • アレルギーの心配が少ない治療を検討している
  • 周りに気づかれずに自然な若返りを図りたい

施術の詳細

お肌を活性化させるPRP

指を切って血が出てもしばらくすると皮膚が元通りに回復しているのは血小板が傷の修復を促している証拠です。傷の修復作用や細胞の活性化、コラーゲンやヒアルロン酸の生産を図る成分は成長因子と呼ばれ、血小板にもともと備わっています。成長因子は10代後半~20代半ばをピークに減少していくため、お肌の回復作用もどんどん衰え始めます。成長因子が多く含まれている血小板(PRP)を自分の血液から取り出して再注入することで、しわやたるみ、くまなどの肌トラブルを改善します。

PRPを作るためにはご自身の血液を採取したあとに血小板を抽出する必要があります。血液を遠心分離機にかけると、赤血球層と血漿(けっしょう)層に分けられます。血漿層の中でも血小板を多く含む層は少しだけ色が異なり、その層から7倍ほどに濃縮した血小板を取り出します。皮膚のしわやひずみに直接働くヒアルロン酸注入と違い、PRPは注入部位のお肌全体に行き渡り細胞の活性化を促します。即効性を求めず長期的視点でゆっくり自然な若返りをしていきたい方にお勧めです。

適応部位

  • 目の下のたるみ・ゴルゴライン


    PRPはなかなか取れない目の下のたるみやしわ、ゴルゴラインにも効果が期待できます。目の周りにPRPを注入することで加齢に伴って増えてくる細かなちりめんじわや治療が難しかった目の下のたるみを自然なペースで改善し、イキイキとした目元を取り戻します。

  • クマ


    目の下にできるクマには青クマ・茶クマ・黒クマなど種類があり、原因も異なります。血行不良やたるみ、色素沈着などの症状もPRPを注入することで細胞を活性化させ、クマの症状を軽減します。クマがあるとどうしても疲れた印象になってしまい、老けて見えます。自身の血液から取り出すPRPならお肌になじみやすく、皮膚の内側から改善します。

  • ほうれい線・マリオネットライン


    年齢を重ねると目立ってしまうほうれい線やマリオネットラインは頬のたるみや乾燥によってできやすくなります。PRPはしわのまわりの頬全体に注入して改善を図ります。皮膚に厚みがある部位なので、深めに注入することがポイントです。

  • 首・手の甲


    首筋や手の甲は血管が浮き出てしわが目立ちやすく、年齢を感じやすい部位です。手や首にしわがなくすべすべしていると若々しく見えます。若返り治療が難しい部位でもありましたが、PRPによって薄い手や首の皮膚も細胞の活性化を図ることができます。

  • 薄毛治療


    頭皮の硬さや状態は毛周期が乱れる原因となり、成長期・退行期・休止期のサイクルが滞ってしまうことにつながります。本来生えてくるべき毛が生えず、本数が減って薄毛を引き起こします。PRP治療は血小板に含まれる成長因子によって頭皮の状態を整え、発毛機能を促します。

成長因子をプラスして再生力アップ!

ヴィンテージビューティークリニックのPRP治療は患者様ご自身の血液から取り出したPRPに、FGF(繊維芽細胞増殖因子)という成長因子をプラスして注入することができます。深く刻まれたしわや長くついていたニキビ跡にも効果が期待できます。

施術の流れ

  • 問診表記入

    受付後、問診表に現在の症状やお悩みをご記入いただきます。

  • カウンセリング

    医療カウンセラーによるカウンセリングを行います。治療のメリット・デメリットに関してもご説明いたします。

  • 診察

    患者様の症状をお伺いし、お肌や体の状態を診てPRP治療が適しているかどうか診察を行います。

  • 採血

    患者様ご自身の血液を採取いたします。

  • 麻酔・遠心分離

    痛みを抑えるため、注入部位に麻酔を塗布いたします。麻酔の間、血液を遠心分離機にかけてPRPを取り出します。

  • 注入

    分離が行われたPRPをお肌に注入していきます。施術時間はおよそ10分程度になります。

  • ダウンタイム

    注射部位を消毒して終了です。顔の施術でもすぐにメイクをしてお帰りいただけます。

アフターケア

効果の持続期間について

PRPを注入して数日経つとお肌のボリュームが減った気がすることがあります。治療の失敗ではなく、細胞を増殖させる働きを促すPRPが体内に取り込まれたサインであり、1週間ほど経過してから皮膚組織の再生が始まります。新しい皮膚組織に生まれ変わるまで3ヶ月ほどかかり、その後の持続期間は1年から長い方で3年ほど続きます。

注入後に内出血や痛みを感じることがありますが、時間の経過とともに落ち着いていきます。症状が続く場合は医師の診察を受けてください。