Treatment ピーリング

ピーリングは皮膚表面にある古い角質や毛穴のつまりを取り除き、お肌のターンオーバーを促す治療法です。グリコール酸やサリチル酸など化学的な物質を使用するため「ケミカルピーリング」とも呼ばれています。加齢による新陳代謝の低下や日焼けによるシミ、過剰な皮脂分泌によるニキビなどトラブル続きのお肌をいったんリセットし、新しいお肌へと生まれ変わるきっかけとなります。

ピリピリとした軽度の痛みを感じることがありますが、お肌への刺激を与えることで体内でのコラーゲン生産を増やし、ハリや弾力を取り戻していきます。患者様の肌質に適した薬剤を使用することが重要ですので、問診や診察に時間をかけて丁寧に行います。

こんなお悩みに

  • 毛穴の開きやつまり、黒ずみが気になる
  • お肌のザラつきを改善してもちもち肌になりたい
  • シミやくすみをリセットしたい
  • お肌をワントーン明るくしたい
  • ニキビやニキビ痕の赤みを目立たなくしたい
  • お肌にツヤを出したい

施術の詳細

ピーリングはトラブルが起きているお肌に意図的に刺激を与え、お肌の働きを正常に戻す治療です。正常な状態にある健康的なお肌は古い細胞と新しい細胞がおよそ28日周期で生まれ変わり、この働きをターンオーバーと呼びます。皮膚表面に現れた古い細胞は垢となって体外へ排出されますが、加齢やストレス、過度な飲酒や喫煙といった生活習慣の乱れによってターンオーバーの働きが崩れてしまうことがあります。周期が崩れるとメラニンの排出も制限され、ニキビの増加やしみ・くすみといった肌トラブルの原因となります。

グリコール酸やサリチル酸などお肌の状態を診察し、患者様のご希望をお聞きしながら肌質に適した薬剤を決めていきます。ニキビ跡によるお肌の凹凸が改善され、肌本来のサイクルに戻すことで加齢や紫外線によるダメージを減らして健康的なお肌へと導きます。ピーリング後のお肌は毛穴もすっきりして潤いをぐんぐん吸収する状態になっており、保湿対策をしっかり行うことで手触りの良いプルプルお肌に近づくことができます。ピーリングをご希望の際はビタミンC導入やトランサミン導入など美肌治療をセットで行うことをお勧めいたします。


  • グリコール酸(AHA)


    グリコール酸はフルーツ酸と呼ばれるAHA物質の中でも分子量が小さく、お肌への浸透力が高いピーリング法です。コラーゲンの増加を促し、お肌の弾力を取り戻します。ニキビ痕によって凸凹だったお肌も適度な濃度で治療することでお肌を平らにし、正常なターンオーバーを促します。

  • サリチル酸(BHA)


    脂溶性のサリチル酸は毛穴に詰まった皮脂を溶かす役割を果たします。角質層のみにアプローチできるのでお肌にスッと馴染みやすく、鼻周りの角柱やニキビにお困りの方にお勧めです。副作用の心配も少なく、アトピー性皮膚炎をお持ちの方でも症状が落ち着いているときであれば医師の診察を受けた上で治療することができます。

  • 乳酸


    グリコール酸に比べ分子量が大きい乳酸はお肌への刺激が少ないピーリング法です。皮下組織の中での皮膚表面に近い浅い部分に浸透しやすく、美白効果が期待できます。他のピーリング法がお肌に合わなかった方は乳酸で試してみることをお勧めします。

  • MIXピーリング


    お肌の状態や肌質によってそれぞれの酸を混ぜ合わせて行うピーリング法です。治療経験豊富な医師による診察と配合が必要となりますが、患者様お一人おひとりの肌質に合わせたピーリングができます。

  • ミラノリピール


    トリクロロ酢酸(TCA)と呼ばれる高濃度の酸を主体とし、コウジ酸や低濃度過酸化水素(H2O2)を配合して行うピーリング法です。グリコール酸やサリチル酸などと比べ皮膚の深い場所にある真皮層にアプローチすることができ、お肌の若返りや美白に効果的です。

施術の流れ

  • 受付・問診

    毛穴の開き具合やニキビ痕など現在のお肌の状態を確認します。

  • 洗顔

    メイクを落としていただきます。

  • 写真撮影

    治療前のお顔を撮影させていただきます。

  • 術前酸テスト

    乳酸ピーリング、MIXピーリングご希望の患者様には治療前にテストを行います。 塗布しない目や口周りは乾燥しないよう保護いたします。

  • 蛋白分解酵素の塗布

    ピーリング前の処置として蛋白分解酵素の塗布を行います。固まっている角質層を柔らかくする効果があります。

  • ピーリング塗布

    蛋白分解酵素を拭き取ってからピーリングを塗布していきます。

  • 拭き取り・中和

    拭き取りを行います。乳酸ピーリングとMIXピーリングの場合は中和を行ってから拭き取ります。

  • 冷却

    お肌を冷やす冷却措置を行います。ピーリング後にレーザーやビタミンC導入を行うとより効果的です。

アフターケア

  • 治療後に紫外線を浴びてしまうとシミやくすみが進行しやすくなってしまいます。日焼け止めを使用し、紫外線を浴びないようご注意ください。
  • お肌にヒリヒリした痛みを感じることがありますが、時間の経過とともに落ち着いていきます。ピーリング後は保湿作用の高い化粧水や乳液・クリームなどを使用し、保湿対策を欠かさず行うようにしてください。