Treatment 眼瞼下垂、二重、目元のタルミ

「目元のたるみやふくらみを取りたい」「二重にして目をぱっちり大きくしたい」と目元周りのお悩みを改善したい方には切らない眼瞼下垂や眉下切開での治療がお勧めです。年齢を重ねると乾燥や保湿不足が進み、目元をピンと保つハリが衰え始めます。二重の方も目元が重く感じることがあり、老けて見える原因となります。まぶたが開きにくくなると顔の印象が変わるだけでなく、視野にも影響を与えることがあります。ヴィンテージビューティークリニックの目元治療は院長の得意分野でもあり、症例数も豊富です。患者様がなりたいお顔に近づけるよう、症状に適した治療をご提案いたします。

こんなお悩みに

  • まぶたが重く、たるみ始めた気がする
  • まぶたが開けにくい
  • 年齢とともにまぶたがくぼんできた
  • 二重の線がぼやけてきた
  • 一重から二重になりたい
  • 目を開いているのに「眠いの?」と言われることがある
  • 目元をスッキリさせて理想の顔になりたい

施術の詳細

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂はまぶたを支える筋肉が衰えてまぶたが開かなくなったり皮膚がたるみ始めたりする症状です。年齢とともに症状を訴える方が増えてきますが、目の周りに脂肪が多い方やコンタクトレンズを使用している方は若い年代でも注意が必要です。後天性の眼瞼下垂に対し先天性の眼瞼下垂の場合もあります。片眼だけに症状が出る方や両眼に症状が出る方と個人差があります。

まぶたを支える筋肉は「眼瞼挙筋」と「ミュラー筋」です。まぶたを持ち上げる筋肉である眼瞼挙筋は、まぶたの開閉を自分の意思で行うときに働きます。生まれつき眼瞼挙筋の働きが弱い方はまぶたが開きにくい状態になります。ミュラー筋は交感神経の刺激によって収縮し、眼瞼挙筋の働きをサポートして目の開閉を支えます。ミュラー筋が働くことで交感神経が高まってしまうため、まぶたが重く目の開閉がスムーズに行かないと肩こりや頭痛などにつながってしまう可能性があります。

  • 軽度の眼瞼下垂

  • 重度の眼瞼下垂

切らない眼瞼下垂(埋没法)

埋没法は特殊な細い両端針の糸を使用し、まぶたの必要な箇所を留めて人工的に二重構造を作る方法です。メスを使わないので皮膚を切開する必要はありません。患者様の目元の状態によって糸で留める箇所を決めます。切る治療に比べてダウンタイムや痛みの少ない治療ですが、もともと目が腫れぼったい方は数日腫れを感じることもあります。まぶたの皮膚が糸によって折りたたまれた状態になりますので、眼瞼下垂の治療や二重治療に適応できます。

  • 術前

    正常な瞼の断面は横図のように、ミュラー筋によって瞼板が持ち上げられています。しかし、眼瞼下垂になると瞼板が下に下がってしまいます。

  • 術後

    切らない眼瞼下垂(埋没法)は糸を使って、上記のように眼輪筋と瞼板を固定し、瞼を正常内な状態に改善する治療法です。

切る眼瞼下垂(切開法)

眉毛の下の余っている皮膚を切り取って縫合する方法です。眉毛のすぐ下の目立たない部分を切るので、切開した皮膚の部分は二重まぶたの線になります。また、術中の定量やきれいなカーブの作成を容易に行うことができ、たるんだ皮膚の同時切除も可能です。

軽度の眼瞼下垂

  • 術前

    軽度の眼瞼下垂

  • 切開

  • 術後

    理想的な二重

重度の眼瞼下垂

  • 術前

    重度の眼瞼下垂

  • 切開

  • 術後

    理想的な二重

タルミ目

  • 術前

    タルミ目

  • 切開

    脱脂

    余分な脂肪を取り除きます

  • 術後

    理想的な二重

眉下切開

眉下からまぶたの間にある皮膚を切開し、上まぶたのたるみを取る治療です。眉下の皮膚とまつ毛に近い皮膚とでは厚みが異なり、眉毛側の皮膚が厚い場合は眉下切開で目元をスッキリさせて二重に近づけます。皮膚の厚みを考えずに二重を作ってしまうとゴワゴワしてしまい、違和感のある二重になる可能性があります。理想的な二重になるためには目のカーブや内側・外側のライン調整が重要です。もともと二重でも目元にたるみができるとぼやけた印象になりますので、眉下切開で調整することも可能です。

瞼のタルミ(軽度)

  • 術前

    瞼のタルミ(軽度)

  • 切開

  • 術後

    理想的な二重

瞼のタルミ(重度)

  • 術前

    瞼のタルミ(重度)

  • 切開

  • 術後

    理想的な二重

タルミ目

  • 術前

    タルミ目

  • 切開

  • 術後

    理想的な二重

同時施術で理想の目元へ

ヴィンテージビューティークリニックでは切らない眼瞼下垂や眉下切開の他、下まぶたのたるみやふくらみ取り、二重ラインアプローチによる上まぶたたるみ取りなどを行っております。患者様のまぶたの状態を細かく診断し、お顔の全体イメージに合わせた理想の目元を作るために埋没法や切開法との組み合わせをご提案することがあります。目の周りの皮膚は非常にデリケートであり、治療においてもわずか数ミリの違いで仕上がりの印象が変わります。皮膚の厚みや目の形によって「どの治療法を、どの順番で行うか」もとても重要になってきます。患者様がなりたい目元を詳しくお伺いし、現在の症状と照らし合わせながら、カウンセリングや診察を通して治療法についてご説明いたします。治療についてわからない点があればどうぞお気軽におたずねください。

目頭切開                     

目頭切開は、目が離れて見える状態や蒙古ひだ(内眼角贅皮)が目立つ場合や平行型の二重まぶた形成のためにも用いられる手術です。
最近では、目を大きく見せたいとの要望で手術する場合も増えています。
蒙古ひだとは、蒙古人種の特徴で日本人に多く見られます。これは、目頭の所に上瞼の皮膚が被さっているものです。
白色人種と違い、目頭の赤いところ(涙湖または涙丘)が完全に露出している事が少なく、この蒙古ひだによって目が小さく見えたり、目が離れていて間延びした印象を与えます。
目頭切開はこの状態を改善する手術方法で、目頭切開手術の結果、目の横径が広がり、特に鼻側が広くなるため、より立体的な顔貌となり、目元がしまった知的な印象を与えます。

蒙古ひだがある一重

  • 術前

    蒙古ひだがある一重

  • 目頭切開

  • 術後

    理想的な二重

蒙古ひだがある末広の二重

  • 術前

    蒙古ひだがある末広の二重

  • 目頭切開

  • 術後

    理想的な二重

施術の流れ

  • 問診表記入

    受付後に個室に移動していただき、問診表へのご記入をお願いしております。現在の症状やお悩み、なりたい目元について詳しくご記入ください。

  • カウンセリング

    医療カウンセラーとカウンセリングを行います。問診票をもとに、患者様に適した治療をご提案し、治療計画を立てていきます。

  • 診察

    医師による診察を行います。目元の状態を確認し、患者様と話し合いながら治療法を決定いたします。

  • 料金確認

    医療カウンセラーが料金体系についてご説明し、最終的な金額を確認いたします。

  • 洗顔

    目元周りの治療はメイクを落としていただきます。

  • 施術

    局所的に麻酔を使用し、施術を行います。
    切開をした場合は縫合も行います。
    所要時間は治療法によって異なりますが、30分~1時間程度となります。

     

  • ダウンタイム

    施術が終わりましたら冷却措置を行います。
    施術当日のメイクは控えていただき、メガネやサングラスのご使用をお勧めします。

     

アフターケア

  • 施術当日の入浴や激しい運動、飲酒は控えてください。まぶたの腫れや痛みにつながる可能性があります。
  • 洗顔のときは目元に刺激を与えないよう、やさしく行ってください。アイメイクは3日程度控えることをお勧めします。
  • 軟膏が処方された場合は綿棒などを使用し、医師の指示に従って塗布してください。
  • 痛みや違和感がある場合も時間の経過とともに収まっていきますが、目の充血やゴロゴロ感、腫れがひかない場合などは再度診察を受けるようにしてください。
  • 抜糸の時期については医師からご説明いたします。腫れを抑えるために内服薬を処方する場合もあります。