Treatment 経結膜脱脂

下まぶたのたるみやクマの症状には経結膜脱脂での治療をご提案しております。眼球を支えるクッションの役割を果たしている眼窩脂肪は、年齢を重ねると弾力を失って前方へ飛び出てくることがあります。経結膜脱脂は脂肪のふくらみを取り除き、たるみやクマを改善して目元全体をスッキリさせることができます。まぶたの裏側からアプローチするので皮膚表面を傷つけることもなく、短時間で済むため通院の必要もありません。上まぶたのたるみや目元全体のお悩みと合わせ、適切な治療法と組み合わせて行うことも可能です。目の下のクマはセルフケアだけではなかなか治せないもの。専門医に相談し、適切な治療を受けることをお勧めします。

こんなお悩みに

  • 目の下のたるみが気になる
  • 目元のふくらみでクマがひどい
  • 「疲れてる?」とよく聞かれる
  • 目のまわりや顔の印象を良くしたい
  • 痛みやダウンタイムが気になる
  • 仕事を休めないので短時間で施術を終わらせたい

施術の詳細

経結膜脱脂とは

目元に局所麻酔を行い、下まぶたの裏側から飛び出している眼窩脂肪を取り除き、たるみやクマを改善する治療です。眼窩脂肪を取り除くための傷口はごく小さく、縫合の必要もありません。お顔全体のバランスに合わせ、下まぶたの外側・中央・内側のどの部分の脂肪を取り除くかを決めていきます。

クマの種類と治療法

目元に局所麻酔を行い、下まぶたの裏側から飛び出している眼窩脂肪を取り除き、たるみやクマを改善する治療です。眼窩脂肪を取り除くための傷口はごく小さく、縫合の必要もありません。お顔全体のバランスに合わせ、下まぶたの外側・中央・内側のどの部分の脂肪を取り除くかを決めていきます。

  • 目の下のふくらみによるクマ

    目元のハリは皮膚や眼輪筋、眼球を支える眼窩骨、クッションの役割を持つ眼窩脂肪などによって保たれています。年齢を重ねると眼球自体の重みを支えきれなくなった眼窩脂肪が前面に押し出され、目の下のふくらみとして目立ってきます。ふくらみの影がクマとなり、老けた印象を与えてしまうので、眼窩脂肪を取り除く経結膜脱脂法を行って症状の改善を図ります。

    治療法経結膜脱脂法

  • 黒クマ・たるみによるクマ

    黒クマ・たるみによるクマ

    下まぶたにある眼窩脂肪は眼窩隔膜と呼ばれる袋の中にあります。加齢によって眼窩隔膜の働きが弱まると、下まぶたにあった眼窩脂肪も重力によってたるみになります。目元まわりの眼輪筋や皮膚といった複数の要因が絡み合ってクマが生じるため、脂肪の除去と合わせて皮膚のたるみを改善する治療が必要です。

    治療法経結膜脱脂法・下瞼脱脂・皮膚切除術

  • 茶色のクマ

    茶色のクマ

    茶色のクマは色素沈着によるものと考えられます。目をゴシゴシこすったときの摩擦や紫外線などの外的刺激によるもので、刺激を減らして皮膚への負担を少なくすることが必要です。レーザー治療またはハイドロキノンやトレチノインといったクリームの処方による治療が適しています。

    治療法レーザー治療、軟膏処方

  • 赤色のクマ

    赤色のクマ

    赤っぽく見えるクマは、目元の血管やメラニン色素の反映によるものと考えられます。目の周りは体の中でも最もデリケートで皮膚が薄く、ちょっとした刺激でも影響を受ける部位です。レーザーや経結膜脱脂による治療は適しておらず、高濃度PRP療法や脂肪注入で皮膚の状態を整える治療が適しています。

    治療法高濃度PRP療法、脂肪注入

目元まわりの構造

  • 眼球を支える眼窩骨、クッションの役割である眼窩脂肪、眼窩脂肪を包み込む眼窩隔膜などから成り立っています。

  • 加齢による機能低下によって眼窩脂肪を支えきれなくなり、脂肪がふくらみとなって押し出されます。目の下には膨らみの影(クマ)ができ、頬との間にしわも増えて老けて見えてしまいます。

経結膜脱脂の流れ

  • まぶたの裏側から、飛び出した眼窩脂肪を取り除きます。

  • 眼窩脂肪を取り除くことで下まぶたがスッキリし、若返った印象を与えます。傷口が小さいため、施術後の縫合処置は不要ですが、目元にしわや溝が残る場合があります。

  • 目元にしわや溝が残って気になる場合は、高濃度PRP注入を行います。

  • 目の下と頬の境目の溝を埋め、凹みを解消してハリを取り戻します。

原因を見極め、症状に合わせた治療法をご提案

目の下にできるクマやたるみは、加齢による皮膚弾力の低下、眼窩脂肪、外的刺激による摩擦、睡眠不足など、複数の原因が考えられます。クマやたるみ以外にも、「上まぶたもたるんできた気がする」「視界が狭くなった」といった目元全体のお悩みをお伺いし、症状改善に必要な治療法をご提案いたします。患者さまのなりたい顔のイメージに近づくためにも、診察の段階では納得いくまでカウンセリングを行います。不安なことや、施術に関してわからないことがあれば、どうぞお気軽にお申し出ください。

施術の流れ

  • 問診表記入

    受付後に個室に移動していただき、問診表へのご記入をお願いしております。現在の症状やお悩み、なりたい目元について詳しくご記入ください。

  • カウンセリング

    医療カウンセラーとカウンセリングを行います。問診票をもとに、患者様に適した治療をご提案し、治療計画を立てていきます。

  • 診察

    医師による診察を行います。目元のたるみやクマの状態を確認し、患者様と話し合いながら治療法を決定いたします。

  • 料金確認

    医療カウンセラーが料金体系についてご説明し、最終的な金額を確認いたします。

  • 洗顔

    目元周りの治療はメイクを落としていただきます。

  • 施術

    局所的に麻酔を使用し、施術を行います。
    切開をした場合は縫合も行います。
    所要時間は治療法によって異なりますが、30分~1時間程度となります。 

     

  • ダウンタイム

    施術が終わりましたら冷却措置を行います。
    施術当日のメイクは控えていただき、メガネやサングラスのご使用をお勧めします。

     

アフターケア

  • まぶたの腫れや痛みを防ぐため、施術当日の激しい運動、飲酒、入浴は控えていただきます。まぶたの負担となりますので、当日のアイメイクも控えるようにしましょう。
  • 入浴はシャワーで済ませ、洗顔は目元をゴシゴシこすらないよう、やさしく行ってください。
  • 医師の指示により軟膏が処方された場合は、綿棒などで塗布してください。
  • 施術後の違和感や痛みは徐々におさまります。充血や腫れなどがおさまらない場合は、当院に連絡の上、再度診察を受けてください。