Treatment PICOレーザー

PICOレーザーはシミや肝斑、アザの除去に適した治療法です。従来のレーザー機器に比べて炎症後色素沈着(PIH)が起きにくく、色の薄いシミでもクリアに取り除くことができます。レーザー照射のパルス幅がナノ秒よりも短いピコ秒となり、メラニン色素をより細かく分解して皮膚からの排出を促します。レーザー照射による熱の影響も少なく、痛みを感じにくくなっていることも特徴の一つです。PICOレーザー照射後にビタミンCやトラネキサム酸などを内服していただくことで相乗効果を発揮します。お顔全体のくすみを改善してホワイトニング効果を高め、あきらめていた肝斑もクリアにしてイキイキとした表情を取り戻します。シミやアザ、タトゥーなど気になる箇所をピンポイントで除去したい方にもお勧めです。

こんなお悩みに

  • 頬に大きなシミができてしまった
  • アザがなかなか消えずに困っている
  • 肝斑を改善したい
  • お肌のくすみや色素沈着を改善したい
  • 若い頃にいれたタトゥーを消したい
  • お肌全体のホワイトニング効果を高めたい

施術の詳細

PICOレーザーの仕組み

照射時間が短いだけでなく、シミやアザの元となる皮膚の奥深くにあるメラニン色素まで到達するパワーも備えています。従来のレーザー治療では照射出力を上げる必要があったタトゥー除去もPICOレーザーなら低出力のままで治療可能です。お肌への負担も少なく、照射後に起こりやすかった炎症後色素沈着(PIH)のリスクも減らすことができる治療です。

ヴィンテージビューティークリニックではキュテラ社のenLIGHTen(エンライトン)というPICOレ-ザ-を使用しております。医療用レーザーには波長のタイプや長さによって種類がありますが、レーザーを照射することで皮膚組織にあるメラニンを破壊してシミやくすみを改善していきます。PICO(ピコ)はレーザーが照射される長さの単位を示しており、秒で例えると0.1秒の1000億分の1という速さになります。痛みを感じる時間も短くなるためお肌に優しく、治療時間もスピーディーになっています。

炎症後色素沈着を防ぐポイント

PICOレーザーは照射時間が短いので熱の影響を受けにくく、従来の治療法よりも炎症後色素沈着が起こりにくい機械です。しかし、レーザー照射によるシミ取り治療で色素沈着が起きやすいことに変わりはないため、当院では照射後にビタミンC・E、トラネキサム酸の内服薬を処方しております。治療前に内服していただくとさらに防止効果が期待できます。

 キレイにシミを除去するためにも照射後は皮膚への刺激を避けていただき、紫外線対策も行っていただきます。照射部位にはシミ部分を覆うようにかさぶたができますので、無理やりはがすことはしないでください。自然に剥がれ落ちるまで温存していただき、剥がれ落ちたあとも医師の指示に従って2週間ほど処方された軟膏を塗布するようお願いいたします。

施術の流れ

  • 問診表記入

    受付終了後、個室にて問診表への記入をお願いいたします。 お肌の症状やお悩みについて具体的にお申し出ください。

  • カウンセリング

    問診表を元に医療カウンセラーとカウンセリングを行います。患者様のご希望やご予算、ご予定に合わせた治療プランをご提案いたします。

  • 診察

    医師による診察を行います。お肌や体の状態を把握し、詳しい説明と治療方針についてお伝えいたします。

  • 料金確認

    カウンセラーから料金体系についてご説明し、料金の確認を行います。

  • 洗顔

    個室パウダールームにて洗顔していただきます。PICOレーザーをご希望の方は全顔洗顔となります。

  • 照射

    目元周りを保護するための眼鏡装置を装着します。患者様のお肌に合わせた照射出力を設定し、レーザー照射を行います。

  • ダウンタイム

    レーザー照射後はほてりを感じる場合があります。冷却措置を行って鎮静化させ、保湿やUVクリームを塗布してお肌を守ります。治療後はメイクをしてお帰りいただけます。

アフターケア(PICOスポット治療)

  • 治療後は患部に軟膏を塗り、お肌を保護するためのテープを貼らせていただきます。治療部位を確認していただき、ご自宅での処置方法についてご説明いたします。
  • 1日2回、洗顔後に薬を塗り、テープを張り替えていただきます。かさぶたが剥がれてきたらテープは不要です。薄いピンク色の皮膚が見える状態で再診にお越しください。
  • かさぶたができない方やかさぶたが剥がれたあとに皮膚が赤い・茶色いという方は診察にお越しください。色が抜けるまで時間がかかるのか、再照射が必要なのか、お一人おひとりの状態によって対応が変わってきます。自己判断せずに医師の診断を仰ぐようお願いいたします。