Worries ほくろ

顔や手など目立つところにあるほくろは美容クリニックでの治療で除去することができます。ヴィンテージビューティークリニックでは炭酸ガスレーザーによる除去治療を行っており、ほくろを取り除いて見られても恥ずかしくないお肌へと変えていきます。ほくろは皮膚にできる黒い斑点やできものと思われていますが、顕微鏡で見ると種類によって形が違い、原因も異なります。場合によっては皮膚の病気が隠れていることもありますので、自己判断せずにほくろなのか別の症状なのか医師による診察と治療を受けることが大切です。

ほくろ治療は炭酸ガスレーザーで

  • ほくろ(色素性母斑)とは

    医学的に見るとほくろは母斑細胞の良性腫瘍ととらえることができます。「色素性母斑」や「母斑細胞母斑」と呼ばれ、茶色や黒っぽい色をしているものがほとんどです。顔や手、脚など体のどの部位にもできる可能性があり、顔や脚などできる場所によって見た目の印象に影響を与えてしまいます。色素性母斑はメラニン色素を作る母斑細胞が変化したもので、子どもの頃は小さくても大人になると大きくなることもあります。

  • 判断に迷ったときは医療機関へ

    皮膚に小さな茶色いできものができると、ほくろなのかシミなのか判断がつきにくいことがあります。斑点の大きさや形、色、盛り上がっているかどうかによって区別していきます。ほくろだと思っていたものが良性ではなく悪性腫瘍の場合もあります。直径が7ミリ以上で形が左右対称ではない場合は注意が必要で、皮膚がんの一種であるメラノーマである可能性が高くなります。日本人の場合は足の裏にできることが多く、ほくろと混同してしまいますので、気になる方は医療機関での受診がお勧めです。

ホクロ治療

ほくろ治療はレーザーによる治療と切開治療に分けることができます。どちらもメリット・デメリットがありますので、それぞれを理解した上で治療法をご検討ください。

  • レーザーによる治療

    医学的に見るとほくろは母斑細胞の良性腫瘍ととらえることができます。「色素性母斑」や「母斑細胞母斑」と呼ばれ、茶色や黒っぽい色をしているものがほとんどです。顔や手、脚など体のどの部位にもできる可能性があり、顔や脚などできる場所によって見た目の印象に影響を与えてしまいます。色素性母斑はメラニン色素を作る母斑細胞が変化したもので、子どもの頃は小さくても大人になると大きくなることもあります。

    照射は治療部位にかさぶたができる状態(上皮化)まで1週間程度を要します。新しい皮膚に生まれ変わるまで強い摩擦を与えたり紫外線を浴びたりしないことが大切です。再発の可能性があるので、ほくろができるたびにレーザーでの治療が必要です。

  • 切開による治療

    メスを使用する切開治療はその日のうちにほくろを除去でき、再発の可能性も低くなります。デメリットとして切開後に皮膚を縫合するため抜糸が必要となり、部位によっては傷跡が目立つことがあります。

ほくろを増やさない対策を

生まれてから成長するに伴ってほくろは増えていきます。目立つほくろは周りからの視線が気になる原因にもなり、精神的な負担となってしまうこともあります。ほくろが増える原因を知り、これ以上増えないような対策を取っていきましょう。

  • 紫外線をブロック!

    紫外線を浴び続けることによって作られるメラニン色素はほくろが増える原因となります。紫外線はほくろやシミの元となるメラニン色素を増殖させるだけでなく、コラーゲンやエラスチンなどお肌の潤いや弾力を保つ成分を破壊してしまいます。紫外線が強く降りそそぐ夏だけでなく、1年を通して紫外線対策を取るようにしてください。

  • 刺激を減らしてお肌にやさしく!

    皮膚は強すぎる刺激を受けると肌トラブルを起こすことがあります。洗顔のときにごしごしこすったり、合わない下着をつけ続けたりしていると摩擦によってほくろができる可能性があります。

  • 健康と美容のために生活習慣の見直しを!

    ほくろの原因となるメラニン色素はターンオーバーによって古い細胞と一緒に体の外へ排出されます。新陳代謝の低下によってターンオーバーが起こらなくなるとメラニン色素が体内に留まり、集まることでほくろができてしまいます。お肌が生まれ変わるターンオーバーを停滞させないためにも、睡眠や食生活など生活習慣を見直し、ストレスを貯めないことが大切です。

当院の炭酸ガスレーザー機器について

当院の医療脱毛器は「CO2 Esprit」を採用しております。
CO2 Espritは出血が少なく、止血のコントロールが容易なため、電気メスに比べ、侵襲(熱変性)が少なく、治癒が早いといわれています。
特にスーパーパルス、CO2Espritのみ搭載されているPモードは薄く均一な剥離が可能でより皮膚の負担が少ない治療が可能です。