Worries しみ・美肌

「しみを消したい」「年齢を重ねてもイキイキとしたお肌を保ちたい」という方には美容クリニックでの治療をお勧めします。シミや肌トラブルが増えてくると「20代の頃にはなかったはずなのに」とショックを受けるかもしれませんが、美容医療の力を借りて改善していくことが可能です。あきらめていた頑固なシミもレーザーやピーリングなど複数の治療を組み合わせることで薄くなり、鏡を見ることが楽しくなる美肌を目指します。

紫外線を浴びることで蓄積されるメラニン色素は皮膚のターンオーバーが正常に機能していると体外へ排出されますが、年齢や生活習慣の乱れによってターンオーバーが滞るとシミとなって皮膚表面へと浮き出てきます。メラニン色素の蓄積以外にも、間違った洗顔や日々の中で受ける精神的ストレス、睡眠不足や栄養バランスの悪い食生活などが原因となって肌トラブルが起こります。ホルモンバランスの崩れや遺伝によってできるシミもありますので、シミの原因に合った治療をすることが大切です。

シミの種類

  • 老人性色素斑


    新陳代謝の衰えによってターンオーバーで排出できなくなったメラニン色素が浮き出てくるシミです。ポツポツと小さくできるシミや他の皮膚との境界がはっきりわかる丸く大きなしみなどがあります。年齢とともに増えてきてしまいますが、美容クリニックでのレーザー治療で取り除き、ケアを続けていくことでお肌をリセットすることができます。

  • そばかす・雀卵斑


    遺伝性が強く、雀の卵のように小さな斑点が頬にできるシミです。うすいシミもあれば黒っぽいシミもあり、顔の頬だけでなく手背や背中、肩などにもできる場合があります。紫外線を浴びると濃くなってしまい、セルフケアだけではなかなか改善しません。美容クリニックや皮膚科専門医での治療がお勧めです。

  • 肝斑


    肝斑はまぶたの下周辺や頬にできる茶系のシミで、左右対称に現れることが特徴です。30代・40代の女性に発症することが多く、ホルモンバランスの崩れや婦人科系疾患が原因となっている場合もあります。肝斑は紫外線を浴びるとさらに悪化するので、専門医による治療と紫外線を防ぐセルフケアを続けることが大切です。

  • 炎症性色素沈着


    炎症性色素沈着はニキビやけが、レーザー照射など炎症を伴う症状によってできるシミです。ニキビは炎症状態が落ち着くとうすい茶色のニキビ跡が残ることがあります。繰り返しできてしまうこともありますので、イオン導入ビタミンCの服用などがお勧めです。

  • 脂漏性角化症


    脂漏性角化症は一見するとシミやほくろのようにも見えますが、皮膚が盛り上がっているイボのことです。年齢を重ねるとだんだん目立ち始め、放置すると大きくなってしまうこともあります。専門医による診察と治療で早めの対策を取ることをお勧めします。

  • ADM(後天性真皮内メラノサイトーシス)


    10代から30代に発症することがあり特に20代後半から発症が多い色素斑の一種です。

治療方法